ヒアルロン酸|美容との関係

ヒアルロン酸|美容との関係

基礎コスメは「ヒアルロン酸配合!」と謳っている商品も多々あります。
もっとも、女性にとってヒアルロン酸は「美容成分」という認識が強いように思えます。

 

美容成分というよりは、肌本来の水分量をキープするための物質と言えます。
ヒアルロン酸1gで6リットルもの保水力があるため、肌のみずみずしさや潤いにも欠かせない物質です。
そもそも、人体の中で生成されるヒアルロン酸は皮膚にもたっぷり存在します。

 

赤ちゃんや子供の肌がプルプルしていて、瑞々しく弾力あるのはヒアルロン酸やコラーゲンがたっぷり含まれているからです。
若いうちも、肌のハリがあり、すべすべと滑らかなのは、ヒアルロン酸が存在しているからです。

 

年を重ねると、「カサカサする」「水が弾かなくなる」「弾力がなくなった」という肌の変化を感じ始めますが、これこそヒアルロン酸が減少している印です。

 

人体の中で生成されるヒアルロン酸の量は年を重ねるごとに減っていき、40代や50代ではとくに減少します。
若々しい肌を保つためには、肌の内部にあるヒアルロン酸が重要になるので、ヒアルロン酸は美容製品にも配合されています。
しかし、ヒアルロン酸の分子量が大きいものでは肌に塗り込んでも、それほど意味がないと考えられています。
そこで注目されていることが、体内のヒアルロン酸を増やすこと。つまり、健康食品から摂る、経口方法が選ばれています。

 

これも実証されていないという話があるものの、外部から塗り込む方法よりは有用性があるのではないかという話です。
ヒアルロン酸の減少を感じ、肌の変化を実感し始めたら、ヒアルロン酸の補給を試してみてはいかがでしょうか。効果には個人差があるので試さないと、変化があるか言い切れません。
他の美容成分も同時配合しているものなら、美容効果がかなり望めるでしょう。