ヒアルロン酸|概要

ヒアルロン酸|概要

ヒアルロン酸のルーツを調べてみると、1934年に発見されたことが分かりました。
1934年に、アメリカのカールマイヤー博士によって牛の眼球から発見された物質です。
語源は発見時に由来していて、ガラスの意味を持つ「ヒアロイド」とアミノ酸の単位構造「ウロン酸」を足し、”ヒアルロン酸(Hyaluronic acid)”となったようです。

 

そして、ヒアルロン酸は人体にも存在することが分かりました。
ヒアルロン酸というと皮膚や肌にある印象を受けますが、関節部分などでも活躍している物質です。
保水力が非常に高いため、皮膚や肌にとっては弾力や保湿に役立ち、関節部分にとっては保水力によるクッション性が潤滑材のように働いています。

 

肌の潤いや関節の潤滑に欠かせないヒアルロン酸は、もともと体内で生成されています。
しかし、生成されるのは若いうちがピークであり、年を重ねると減少します。とくに40代、50代から減少していきます。
加齢によって肌の感想や関節の痛みが気になりだすのは、これが理由だと思われます。

 

ヒアルロン酸は欠かせない物質であるため、医療でも用いられています。
美容目的の方は美容クリニックなどで注射を受けられますし、外科でも使用されています。
一般的には、健康食品やコスメが有名です。手が届きやすく、いつでも使える利便性があります。

 

化粧水や美容液にヒアルロン酸配合のものを選んでいる女性は多いと思いますが、分子量が大きいヒアルロン酸ではなかなか浸透しないのが実情です。つまり、ヒアルロン酸の効果が必ず出るとも言い切れません。
体の中のヒアルロン酸を補給した方が、効率がいいと言われています。
そこで、健康食品の注目度が上昇しています。美容成分を同時配合しているものや、骨の形成に役立つ成分を配合しているタイプも販売されています。