ヒアルロン酸|働き・効能

ヒアルロン酸|働き・効能

実際、ヒアルロン酸の働きや効能を理解している人は多くないようです。
女性はコスメに配合されていることから「美容成分」という認識なのではないでしょうか。
間違いではありませんが、根本的に言うとヒアルロン酸には「保水力」という効能があります。

 

たった1gのヒアルロン酸でも、6リットルもの保水力があると言われています。
このように保水力が高いため、人体の中でもとくに水分を必要とする部位に存在します。
たとえば、皮膚や肌や関節です。
皮膚や肌にとっては潤いやハリ、関節にとっては潤滑材のような働きを行っています。
そもそも、ヒアルロン酸は人体の中で生成されて、さまざまな機能に役立っています。
しかし、生成量が減少してしまうため、ヒアルロン酸の摂取が必要となってきます。
病院では注射方法もありますが、一般的には手軽に摂れる健康食品が利用されています。

 

口からの摂取が良いとされていますが、実際のところ効果の検証ははっきりしていません。
健康食品からヒアルロン酸を摂っても、体の中でどのように吸収されていくのか、いまだ不明な点があるようです。
実験でも、効能が必ずあるという話がほとんどありません。
しかし、ヒアルロン酸配合の健康食品を扱うメーカーによる実験を見てみると、ヒアルロン酸の摂取を続けた人の方が何もしない人より水分量が増えていることが分かっています。

 

このように健康食品によるヒアルロン酸の効果は正直、なんとも言えません。体が吸収して、しっかり保水力を示すこともあれば、なかなか効果があらわれないこともあるでしょう。
そういった意味では、吸収力の高いものや評判が高いものを選ぶこと、それから自分自身で試すことが必要と言えます。